·中文简体 ·中文繁體 ·English ·日本語
 ·投資家
トップページ > PCLについて > 集団の沿革
 
 
集団の沿革
2007  PCL科技株式会社は英領のケイマン諸島に設立されました。100パーセントの子会社PCL Technologies,Incを成立しました。その後、会社の名前をPCL Technologies Trading, Inc.に変更しました。
2008  弊社蘇州工場はBrocade 、Cisco 、Google 、Hitachi 、Huawei 、IBM、Lucent 、NEC、 Qlogicなどの国際的企業からご承認を頂き、生産上の基準に達しているブライヤーとして、高い評価を得ています。
 10G SFP+シリーズ製品の量産に成功して、同業界よりリードし続けました。 クラウドコンピューティング、企業サイト、ネットワークユーザー(ISP)から提示して頂いた資料を光トランシーバーで転送することなどに用いれています。
2009  弊社の名前は正式にPCL Technologies, Incに変更しました。企業の新規識別システムも開発しました。
2010  英領のケイマン諸島のPCL電子株式会社台湾子会社を設立しました。.
2011  スイスECOC光通信展覧会では、世界で一番低消費電力10G SFP+SR高級な光送受信モジュール製品を出展し、高速サーバーの低消費電力化と冷却効率向上を実現しました。将来、資料センターで大量に運用し、クラウドコンピューティングに使用する予定です。
 江蘇省高新区技術企業の承認を得ています。.
 4G LTEの量産に成功し、転送は2.5G BIDIフィラメント光通信送受信モジュールに運用し、10G BIDIのシリーズ製品も相次いで試作しました。
2012  ネット通信設備のリーディングサプライヤーと共に、10G XFP SR ROSAの開発に成功しました。世界中で、最もコスト競争力のある10G XFP SR高級な光送受信モジュールを量産しました。
 40G/56G QSFP能動的な光ファイバー(AOC)と挿抜光ファイバーモジュール(Pluggable Module)の開発に成功しました。40Gのエーテルネットワークと56G FDR光ファイバートンネルに使用しました。また、120G CXPのシリーズ製品も開発し続けています。
集団概況
集団案内
集団の沿革
ビジョン
コア値
投資家
  2013 PCL科技集団 著作権